HARUママ日記

yoshimiho.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日記( 363 )

男二人旅

この夏、パパと春瑠が初めて二人で長期の旅に出ました。
行き先は、静岡、浜松~名古屋。
静岡でSBSカップ、浜松でJリーグ静岡ダービーの取材に絡めての今回の旅。
そしてもうひとつの楽しみは、子供を授かり、お腹が大きくなり始めたパパの妹のひぃこに会うこと。

夏休みを交代で取る会社に勤めるママは、この時期何かと忙しく、残念ながらお留守番。

8/21(土)、朝6:00に家を出発。
毎朝、春瑠とパパに見送られて出勤するママにとって、朝二人を見送る初めての体験は何だか不思議な気分(@_@)
少し物悲しい気持ちを引きずりながら、ママはいつも通り出勤しました。

春瑠とパパは浜松在住のお友達、ワタルのおじちゃんと待ち合わせをして川遊びに興じ、
c0012888_1422480.jpg

c0012888_13543188.jpg

さらにワタルのおじちゃんの彼女、ユウコちゃんとも仲良くなり、川原でご飯。
c0012888_1413874.jpg

夜は地元の花火大会で夏を満喫・・・。
c0012888_1402795.jpg


男二人が夏を謳歌している間、ママは仕事終わりに会社の同僚と待ち合わせて飲みに行ってきました(^◇^)
日々、溜まり続けるストレスを「ここぞ!」とばかりに吐き出して、いつもよりいっぱいお酒を頂いて、良い気分転換になりました。

翌日、名古屋のひぃこのところに行く予定が、お腹の張りがあるとのことで浜松に延泊。
c0012888_1472911.jpg

巨大天狗を見たり、地元の夏祭りを覗いたり、さらにはユウコお姉ちゃんの実家(沢が流れるような自然豊かなお家だったらしい・・・)にお邪魔し、沢ガニを捕まえたりして自然に戯れてきたようです。
c0012888_14113779.jpg

パパはその夜エコパで取材があり、春瑠を連れていくことができないので、ワタルのおじちゃんとユウコお姉ちゃんとお留守番していたという春瑠。
我が家では見たことがないテレビゲームに夢中になった春瑠は、何の問題もなくお留守番できたらしい。
パパやママがいないと絶対ダメだろうと思っていた親の思いを良い意味で裏切った春瑠。

親がなくとも子は育つ。
親がなくとも子は留守番できる。

子供の成長は著しいですね(T_T)/~~~

そして8/23(月)、名古屋へ移動。
c0012888_14183151.jpg

春瑠の来訪を誰よりも楽しみにしていたのは、ひぃこの旦那様のアッキー。
ひぃこはお腹が張ったり、体がしんどかったりと調子がイマイチだったようですが、
「お前が“調子悪い”ってメール打ったら、春瑠がそのまま東京にとんぼ返りしちゃうから、余計なメール打つな!」
と釘を刺したほど(@_@;)
c0012888_1427196.jpg

名古屋城に行き、
c0012888_14272476.jpg

名古屋港水族館でイルカのショーを見たり、ヒトデと仲良しになり、
c0012888_14282070.jpg

釣り人アッキーの指導のもと、釣り堀で鱒や岩魚を捕ってその場で焼いて食べたり、
c0012888_1431619.jpg

飛騨牛のカレーパン食べてお腹もいっぱい!

3泊4日の男二人旅は大成功だったようです。

夏は男のロマンがいっぱい。

また、来年も男二人旅行けるといいねぇ。
[PR]
by yoshimiho422 | 2010-08-29 13:44 | 日記

2010年 W杯イヤー

4年前のW杯はまだ1歳だった春瑠。
パパがドイツに行っている2ヶ月の間にやっと二足歩行ができるくらいの赤ちゃんでした。

物心つくようになって初めての南アフリカW杯。
自分もサッカーをするようになって、その関心も高まった今大会。
日本戦も4試合全部観戦し、大好きなメッシも堪能しました。
c0012888_14513268.jpg

「次世代の日本代表は俺が担う!」というほどハマっていた春瑠。

一番近いW杯は12年後・・・。

このまま練習を重ねてモノになるのだろうか?
日本代表はもちろん、バルサで活躍したいというのが春瑠の夢。

バルサは無理としても、サッカー選手として大成してもらいたいものです。

************************************************

7月10日は保育園の夏祭り。
今年は御神輿担ぎました。
c0012888_14585422.jpg

義妹ひぃちゃんが作ってくれた甚平を着て、ちっちゃな御神輿をクラスのみんなでワッショイワッショイ!
汗だくになりながら保育園までもどってくると、少し男の顔になっていて春瑠の成長を感じました。

そして翌日、ママの会社に遊びに行ってきました。
c0012888_1534927.jpg

親子共々可愛がってもらっているなっちゃん先輩の誕生日プレゼントを持って来社。
急な来客になっちゃん先輩は大喜び!

前回なっちゃんに会ったのは2年くらい前。
ようやく会話らしい会話ができるようになったくらいだったから、饒舌に話し、かなり大きくなった春瑠の成長をしみじみと感じているようでした。

どうも二人は気が合う様で、久しぶりの再会だというのにそんなことを感じさせないくらいあっさり遊びモードに突入。なっちゃんと春瑠が遊んでいる間、ママが仕事をしていて、久しぶりの蜜月を謳歌している二人でした。

そして、お昼はみんなでママの会社の1階にある本店でお食事。
餃子にカレーを美味しく頂いてきました。
c0012888_15124798.jpg

人見知りの激しいママとは正反対の春瑠は、誰とでもすぐに仲良くなれ、みんなに可愛がられます。
それもまた春瑠の才能。

この才能、サッカーとともに伸ばしていってもらいたいものです。
[PR]
by yoshimiho422 | 2010-07-18 14:34 | 日記

2010保育園親子遠足

6月3日は保育園親子遠足でした。
前の週の年長さんクラスの遠足は雨に降られて、春瑠たちのクラスも天気が心配されましたが、晴れ男のパパのおかげか良い天気に恵まれました。

今年の遠足は石神井公園。
9:30にボート乗り場に集合し、みんなでてくてく歩いて、遊具のあるアスレチック広場に移動。
生まれた頃から大の仲良し、まさ君とツーショット。
c0012888_14412866.jpg

ジャングルジムや滑り台、サッカーボールを蹴ったり、鬼ごっこをしたり、親子揃っていっぱいあそび、いっぱい笑いとても楽しい一日でした。

そして、今回のお弁当は↓コレ
c0012888_14522341.jpg


★タイ風鶏の唐揚げ
★筑前煮
★枝豆入り玉子焼き
★きゅうりの浅漬  etc

お弁当というと“鶏の唐揚げ”と“きゅうりの浅漬”は絶対外せない春瑠のために、今回はエスニック唐揚げにしてみました。食べる直前にスィートチリソースをかけて、美味しく頂きました。

青空の下でみんなで食べるお弁当は最高!!!。

親子遠足も残すところあと一回。

来年も晴れるといいなぁ
[PR]
by yoshimiho422 | 2010-06-20 14:25 | 日記

5歳誕生日!

5月7日、あいにくの雨の日。
春瑠5歳の誕生日を迎えました。

5年前のこの日、前の晩に食べた馬刺しが要因だったのか急に破水し、大雨の中病院に車を走らせ、10時間の激痛に耐え、7:50am2570㌘で生まれた春瑠。

春瑠が生まれる頃には前夜の大雨が嘘のように朝焼けが綺麗で、山々の間から射す神々しいまでの朝日は、田植え間近の田んぼの水面をキラキラ輝かせ、この世のすべてのものが春瑠の誕生を祝ってくれているようでした。

そんな春瑠も、もう5歳。
c0012888_1133353.jpg

4月からサッカースクールにも通い、マルセイユルーレットもマスターしました。
パパの厳しい練習にも弱音を吐かず、集中して頑張っています。

とても、逞しく、優しく、健やかに成長してくれました。

c0012888_11394623.jpg


これからもいっぱい食べて、いっぱい遊んで、いっぱいお勉強して、素敵な男子に成長してもらいたいです。
[PR]
by yoshimiho422 | 2010-05-23 11:23 | 日記

2010 GW!!!

今年のGWは盛り沢山でした。

まずは半年ぶりの長野帰省。
春の帰省といえばイチゴ狩り。毎年の恒例行事です。
今回の参加者は春瑠&私、ばぁばに妹のミエミエ。

春瑠はもちろんのこと、誰よりもイチゴ狩りを楽しみにしていたのはばぁば。
とちおとめに女峰、紅ほっぺと真っ赤で大きなイチゴがいっぱい!
c0012888_161378.jpg

食べ頃のイチゴを採っては、ばぁばとミエミエに「はい、プレジェントっ」とふるまっていた春瑠。
そんな姿にばぁばもミエミエもメロメロでした。

時間制限もなければ、収穫制限もないのでゆっくりお腹いっぱい食べられるので本当にオトク感いっぱいです。来年もみんなで来たいなぁ。

そして、近くの野菜直売所で馬や山羊、アヒルに戯れてきました。
c0012888_1613274.jpg

100円でエサ用の人参を購入し、いろんな動物にあげました。
初めは怖がっていた春瑠も次第に慣れ、最後は頭を撫でてあげられるまでに。
長野に帰省するといっぱい自然に触れられるのでサイコーです。

また、大人の事情でなかなか会えないじぃじにも会い、サッカーを教えてあげました。
c0012888_16135313.jpg

久しぶりの春瑠との再会に、じぃじは本当に嬉しそうでした。
次に会えるのはいつになるのか・・・。
大人の事情ってやつは、実に面倒くさいものです

そしてこのGWは生き物にいっぱい触れる機会に恵まれました。
まず初めは、品川の義弟一家と木場で魚釣りしました。
c0012888_16141640.jpg

魚釣りが趣味の義弟に頼み、かねがね釣りをしたいと言っていた春瑠の願いを叶えてもらいました。

釣果は人差し指先大の超小型ハゼを3匹。
それでも、初めて触れる生きた魚の感触は春瑠を興奮させ、とてもいい機会になったようです。

さらにその翌々日、義弟一家(互いにママは不参加)と今度はお台場で潮干狩り。
c0012888_1055302.jpg

c0012888_105726100.jpg

HARUママお手製のお弁当を男4人で頬張ったあと、水に戯れ、貝ひろい。

貝を拾うのはもちろん、砂遊びも充分楽しみ、一足早く夏を先取りしてきました。
お土産に持って帰ってきてくれたアサリは砂抜きをし、味噌汁にしてみんなで美味しく頂きました。

生き物や植物に触れることによって、食べることに感謝、命に感謝できたGWでした。
生きとし生けるもの、本当にありがとう
[PR]
by yoshimiho422 | 2010-05-05 15:58 | 日記

春は何処へ・・・

暑かったり、寒かったり、雨降ったり、雪降ったり・・・
今年の春は“らしさ”がないまま、過ぎていったように思います。

4月頭の週末に義弟一家を招き、昨年に引き続いて我が家一人占めの桜を愛でながらのお花見を予定していましたが、春瑠が保育園から胃腸炎を貰ってきて、春瑠→パパ→ママの順で体調を崩し、お花見もせぬままもう4月も終わり・・・

私が嘔吐を繰り返し絶不調の日、夕食を作るのを断念した私を残し、春瑠とパパは千鳥ヶ淵に夜桜を見に行ってきました。

私は従兄弟の結婚式に出席したHARUばぁばをたずねて行った目黒雅叙園から見える目黒川の桜でプチ花見をしたくらいでした。

c0012888_21204671.jpg


雅叙園からの帰り道、神社でお参りするのも忘れずに・・・
c0012888_2135382.jpg


おねがいごとはいつもこの5つ。

「春瑠がサッカー上手になれますように。」
「春瑠がお利口さんになれますように。」
「パパの髪の毛がフサフサになりますように。」
「ママがサッカー上手になりますように。」
「ママがクラシコに(バルサとレアル・マドリードの伝統の一戦)入れますように。」

なぜかママのお祈りはサッカー上達祈願ばかり・・・
それも「クラシコに入れますように。」ってなんだ?
春瑠の中では「クラシコ」はかわいい女の子の名前だと思っているらしい。

いかにも春瑠らしい発想。

果たして「クラシコ」に入れる資格があるかどうか甚だ疑問ですが、そんなHARUママ4月22日にめでたく36歳の誕生日を迎えました(~_~;)

雨の中、私に内緒でケーキを買ってきてくれ、ささやかな誕生日パーティーをしてもらいました。
c0012888_2205679.jpg


春瑠からのブレジェントは「めでたいな♪」というわらべ歌を歌ってもらいました。

パパ、春瑠 ありがとう!
[PR]
by yoshimiho422 | 2010-04-24 21:26 | 日記

衝撃発言

春瑠のクラスの女の子は可愛い子が多い。
それも、男子10人に女子15人のハーレム状態の幸せな環境です。

そんな女の子の中に0歳クラスから一緒の大きい“なっちゃん”と、2歳児クラスから入園してきた小さい“なっちゃん”2人の“なっちゃん”がいます。

大きな“なっちゃん”は大人しく、キレイな女の子。
小さい“なっちゃん”はかわいらしく、快活な女の子。

どちらのお母さんとも気が合い、親子共々仲良くしてもらっています。

春瑠はどちらかというと大きい“なっちゃん”の方が好きらしいのですが、数日前、「小さい“なっちゃん”とチューしたんだ」とモジモジしながら衝撃発言!

まだまだ“男”と“女”という性を意識するような感覚を持っていない春瑠が、女の子とチューするなんて・・・。
HARUママにとっては、晴天の霹靂・・・。

ひとまず気持ちを落ち着けて、「春瑠からチューしようっていったの?」と聞いてみると、「ううん、“なっちゃん”からだよ。お昼寝の時に“なっちゃん”がチューしよって言ったの・・・」と春瑠。
さらに聞いてみると、初めてのことではなくすでに数回チューしている様子。

「春瑠はママが彼女だって言ってくれていたけど、もう“なっちゃん”が彼女だね・・・」と春瑠に伝えると、相当慌てた様子で「そんなことないよ、ママが彼女だよ」と必死に訴えてくるので、「いいや、チューしたからには“なっちゃん”が彼女だよ」と言って、ママの言葉に落ち込んだその翌日。春瑠が「今日は“なっちゃん”とチューしなかったんだ」と報告してきました。
「どうして?今日は“なっちゃん”にチューしよって言われなかったの?」と聞くと、「言われたけど、ママとチューするから“なっちゃん”とはできないんだ」と断ったそう。

まだ、ママが一番大好きと言ってくれる春瑠。
そんなに好きな相手ではないとはいえ、可愛い女の子からの誘いをいとも簡単に断るのもきっと今だけ。
やっぱりそんな春瑠がママも一番大好きです。
[PR]
by yoshimiho422 | 2010-03-27 21:12 | 日記

ゴチになりました!

パパと春瑠が特製チキンカレーを作ってくれました(^◇^)
c0012888_14151357.jpg

料理は比較的得意なHARUママですが、カレーだけはパパに勝てません。
辛さの後から甘みが来て、コクのある絶品カレーです。

今回は春瑠もお手伝い(じゃがいもの皮を剥いたり、「おいしくな~れ」とおまじないしたり・・・)してくれたようで、
その味は格別でした!
c0012888_14205231.jpg

また、作ってね
[PR]
by yoshimiho422 | 2010-03-21 14:17 | 日記

せっちゃんライブ

週末、斉藤和義LIVE“月が昇れば” at武道館行ってきました。
c0012888_12581575.jpg

「Golden Slumbers」、「FISH STORY」、「歌うたいのバラッド」など、春瑠が歌える歌が多かったので今回のライブは比較的お利口さんにできました。
「Golden Slumbers」も「FISH STORY」も映画の主題歌。
映画を見ていない春瑠も家で何度となく聞いているから歌える歌。
こんな4歳児、そうそういないだろうなぁ。なかなかオシャレな春瑠さんです。

それにしても、相変わらずエロ全開のせっちゃんのLIVE(@_@;)
帰り道、“右を揉んだら、左を揉んで~♪”なんて高らかに歌う4歳児・・・。
母親としてはビミョ~な心境です。

*********************************
春瑠は家でも保育園でもよく走り、よく遊びます。
そのためか、靴の消耗が非常に早い!
なのでこまめに靴屋を覗き、軽くて履きやすくお買い得な品がないかと物色しています。
c0012888_23333366.jpg

そして今回の戦利品は↑↑↑ナイキのシューズです。
これでいっぱい遊んでね(^O^)/
[PR]
by yoshimiho422 | 2010-03-08 23:06 | 日記

箱根いってきました

どこか遠くへいきたい衝動に駆られ「そうだ。箱根に行こう!」と思い立ち、1泊2日でいってきました。
結婚前に何度か行っていますが、春瑠は初めての箱根。
温泉好きの春瑠は急に決まった旅行にワクワク、親も久しぶりの温泉にワクワク。

先を急ぐ旅ではなかったので、行きはロマンスカーを使わず急行で。
電車を使って行く箱根は初めてだったので、急行列車の味気なさを乗車して初めて痛感。。。

帰りは絶対にロマンスカーに乗ろうという思いも込めて写真を1枚・・・
c0012888_23525649.jpg

改札口で子供用の制服を貸し出していたので、せっかくだからともう1枚・・・
c0012888_23531790.jpg


天気予報ではかなりの確率で晴れるとの予報だったのに、着くや否や雪が舞うあいにくの天気。
温泉と富士山を見るためにチョイスした箱根旅行。

1日目は富士山を諦め、箱根の定番、彫刻の森美術館へ。
c0012888_23533560.jpg

美術館といっても、開放感があり体も動かせるので春瑠は大変満足してくれました。
c0012888_0235769.jpg

そして、箱根といえば大涌谷。
1日目はこんな感じ☟でしたが、
c0012888_23542767.jpg

c0012888_23544232.jpg

2日目は雲の切れ間に富士山が見え、当初の目的が果たせました(^◇^)
c0012888_23551475.jpg

ホテルには子供用の浴衣も用意されており、髪の毛をアップした春瑠はホント女の子みたい(@_@;)
仲居さんには「きっと美人さんになるわね」なんて言われる始末。
c0012888_23553214.jpg

温泉には1日目の夜に2回、翌朝1回の計3回入り、箱根のお湯を充分満喫しました。
強いていうなら露天風呂があれば最高だったけれど、スタッフの対応も良かったし、豚しゃぶに蟹の釜飯もとてもおいしかったから、充分満足。これで1人7900円ならすごくお得。
また、泊まってみたいお宿でした。

2日目は再度大涌谷に登り、富士山を愛でながら黒玉子を食べて延命祈願。
c0012888_23585640.jpg

そのまま芦ノ湖に足を伸ばし、海賊船に乗船。
箱根町で下船し、箱根の関所→成川美術館→箱根湯本に戻り、土産に干物とさつま揚げを買って帰路につきました。

結局、あれもこれもと詰め込んだ旅行になったので、命の洗濯に行ったはずが3人とも相当疲れて帰ってきましたが、いい思い出になりました。
 
また、3ヶ月周期で「遠くに行きたい!」病が発症しそうです。
[PR]
by yoshimiho422 | 2010-02-25 23:35 | 日記