HARUママ日記

yoshimiho.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ママ、読まさせて

あまり絵本に興味を示さなかった春瑠。
でも最近「ママ、この本読まさせてぇ~」と言って私の膝の上に乗り、読んでくれるまで離れません。ちょっと手が離せないとき 2、3ページ飛ばしても分かるまい・・・と途中を端折ると「ママ、違うよ。ここからだよ!」と叱られます。

さらに内容を覚えているお気に入りの本は、一人で読んでいることも。
「バジュが助けに行くじょぉ!」「悪いヤツは僕が許さないじょぉ!」など、自分の気持ちも織り交ぜつつ読み進めています。
遠巻きにみているとその姿が本当に真剣そのもので、‘お兄ちゃんになったなぁ’と実感します。

そして本日、ギターデビューしました!

ギターと言っても、以前パパが衝動買いした`ウクレレ’なんですが・・・ヾ( ̄∇ ̄=ノ
音楽好きのパパの影響で斉藤和義やSuperflyなどなど、ロックな曲を聴く日々の中で「歌うたいのバラッド」も断片的にではありますが、歌えるようになりました。
そんな中、昨晩急に「春瑠くん、ギター欲しい」と言い出したので、応急処置的に押入れの奥から取り出してきた`ウクレレ’を渡すと「うわ~、ギターだ!」といたくご満悦の様子の春瑠。
‘ポロロ~ン’とウクレレを爪弾く姿はなかなか堂に入ったもの。

ギターマイブームがいつまで続くか分かりませんが、末はサッカー選手かミュージシャンか?と勝手に想像している私です・・・
c0012888_2247565.jpg

[PR]
by yoshimiho422 | 2008-09-26 22:19 | 日記

天国のおじいちゃん、おばあちゃん

今日はお彼岸。
朝からおはぎを作り、仏壇にお供えしました。
c0012888_10195896.jpg

義父の大好きだった栗の渋皮煮(HARUママ母作)も一緒にお供えし、3人で手を合わせました。
c0012888_10211864.jpg

春瑠が生まれた時にはすでに他界していたおじいちゃんとおばあちゃん。
一度も会ったことがないけれど、「行ってきます!」「ただいま!」「おやすみなさい!」「ありがとう!」と一日何度となく仏壇に手を合わせいるので、春瑠にとって二人は身近な存在のようです。

お散歩中にきれいな葉っぱを見つけたら「おじいちゃんとおばあちゃんに見せてあげるんだ」と大事そうに持ち帰り、私が出かけに手を合わせるのを忘れてしまうと「ママ、おじいちゃんとおばあちゃんに‘チン’してないよ」と言って二人で手を合わせます。

子供には大人に見えない何かが見える・・・そんなことを言う人もいますが、春瑠にも二人の姿が見えているのかもしれません。

来月は義父の7回忌。
HARUパパの兄弟家族を招いて、みんなでご飯を食べる予定です。
義母直伝の秋刀魚ごはんを炊いて、みんなで供養をしたいと思います。
[PR]
by yoshimiho422 | 2008-09-23 10:53 | 日記

春瑠さん、体調不良?

2、3日前から‘ケホケホっ’と咳き込み、黄っ鼻が出ています。
とはいっても食欲はあるし、とっても元気だし気にはしていなかったのですが、どうも今朝の咳き込み方が激しく、さらに明日は祝日のため大事を取ってパパに掛かりつけのお医者さんに連れて行ってもらいました。

案の定、薬を飲んでお昼寝いっぱいしたら咳も治まり復活!
家に帰ると「ママ、帰るの遅いよぉ~!」と怒られる始末(´;ω;`)
しかし、春瑠が良くなったと思ったら今度はパパが「調子、悪い・・・」と言い出し、20:00過ぎに布団に入ってしまいました。

なんだか最近、春瑠とパパとの間で病気のキャッチボールが多いです。

私一人だけ平気なのはなぜ?
[PR]
by yoshimiho422 | 2008-09-22 23:42 | 日記

かにかまのおさかな???

「かにかまのおさかな」
早口ことばにしたら舌をかみそうな、それでいて妙に語呂がいいこのことば。

先日、長野に帰省していたときのこと。
朝から元気な春瑠は、弟宅の広い駐車場をどこからか拾ってきた棒を振り回して遊んでいました。そのうちに家の前にある用水路に棒の先端を垂らし、“おさかな釣り”を始めたので、「春瑠、何か釣れた?」と尋ねてみると「まだだよ。あっち(上流の方を指差し)から流れてくるんだよ」との返事。“泳いでくる”んじゃなくて“流れてくる”という表現に「ん?」と思ったのですが、構わず二人で“おさかな釣り”を続行していました。
そして今度は「この川では何が釣れるのかな?」と尋ねてみると、「う~んとね、かにかまのおさかなが釣れるんだよ」と答える春瑠。

“かにかまのおさかな”って何?

我が家の食卓に数えるほどしか乗ったことのない“かにかま”なのに、いったいいつのどの記憶が“かにかまのおさかな”につながるんだ???
保育園にめだかもいるし、大好きな熱帯魚屋さんで水槽にかじり付いて金魚を見ているくらいだから「魚=泳ぐ生き物」ということは理解しているハズなのに、なぜ敢えて“かにかま”なのか???
と不思議に思いながらも、“かにかま”が魚の体で泳いで(流れて)くる画を想像したら、なんだかとてもおかしくなっちゃいました☆

うぅぅん、やっぱり春瑠の考えることは実におもしろい・・・
[PR]
by yoshimiho422 | 2008-09-06 00:32 | 日記

HARUママ家夏休み 2008

長野に帰省してきました。
金曜日、会社から一旦家に戻り、ありあわせの物で晩御飯を食べ20:30新宿発のバスで一路長野へ・・・
深夜着にも関わらず春瑠はご機嫌で、久しぶりに会うばぁばに笑顔を振りまき、早速ばぁば心をくすぐりまくりでした。

1日目*******
長年患っている左臀部痛の診療のため、松本にある鍼灸院に行ってきました。
土地勘のない私の代わりに妹に運転手になってもらい、ばぁばとHARUママ家の5人でドライブしてきました。
鍼灸のためだけに行くのはもったいないということで松本山雅FCの練習を見に行き、さらに安曇野まで足を伸ばしてアートヒルズミュージアムへ行ってきました。
ここは妹が是非!と勧めてくれた場所で、あいにくの雨でも楽しめる施設でした。
ガラス製品を扱う施設で、美術館にショップ、ガラス工房もあり、希望者には万華鏡やはんこを作ることができます。
さすがに春瑠には早かったので今回は見合わせましたが、もう少し大きくなったら是非一緒に作ってみたいなぁと思いました。
ショップに並ぶ商品はどれもセンスが良く、リーズナブルだったので次に来るときには何か買おうと思います。

サンプルの万華鏡を覗いた春瑠。
「春瑠、何が見える?キレイ?」と聞くと「石が見えるよ!」との返事・・・
たしかに“石(ガラス)”だわな。子供は正直だ。

併設のお蕎麦屋さんでお昼ご飯を食べ、鍼灸院で診察してもらいました。
左臀部に鍼をいっぱい打ち、超音波を当て、お灸を据えてもらいました。
はじめは「痛いのかなぁ、熱いのかなぁ」と不安でいっぱいでしたが、ほとんど痛みもなく痛部がじわ~と重くなり、2~3日は痛み止めを飲まず様子を見てくださいとのこと。
即効性は期待できないけれど、何回か繰り返すことで痛みが緩和できる鍼灸。
長野にいる間、鎮痛剤を飲まなくても我慢できるくらいだったので、効いたのかなって感じでした。さすがに東京から通う距離ではないので、また帰省したときには行って見ようかなぁと思える結果でした。

そして帰り道。行列ができることで有名な「さかた菓子舗」のおやきを買ってみました。
時間は15:30でしたが、店に着いた段階で残り10個。
すべて買い占めて、車の中で食べました。
おやきといえばおばあちゃんが作ってくれたあんこのおやきしか知らない私は、切干大根やひじきの入った惣菜系のおやきは初体験でしたが、これがとっても美味しかった!
通販でも買えるようなので、今度お取り寄せしてみようかなぁと思いました。

2日目*******
松本山雅FCの天皇杯決勝を観るためにアルウィンへ行ってきました。
私の仕事の関係でまったくアルウィンに行くことができず、今季最初で最後の観戦。
リーグでは力を発揮できなかったので、この試合は絶対に勝っておかなければいけない一戦。
春瑠も一生懸命応援してくれたおかげで宿敵長野パルセイロを2-1で破り、優勝!
アルウィン皆勤賞のばぁばも感慨ひとしおのようで、みんな笑顔で帰ってきました。
c0012888_15105985.jpg

いやぁ~、勝ってよかった。
昨シーズンは“春瑠が観戦すると負ける”というイヤなジンクスがあったので、それも撤回できたかなぁ。

そして夜は大芝高原の花火大会へ。
いとこのユウちゃんも一緒に行ったのですが、すぐ近くで上げられる花火の爆音とその大きさに耐えられず、早々に帰ってしまいました。
春瑠はといえば、こんなに間近で花火を見たことがなかったので「怖い~」を連呼し、車の中からの観賞でしたが最後まで満喫しました。
花火が上がった後に続く打ち上げ音を「たいこが鳴ってるねぇ」と言う春瑠。
やっぱり子供の発想はおもしろい。
念願の“夏らしいこと”ができて、とても満足でした。

3日目*******
この日は木曽にある“奈良井宿”という宿場町へドライブしてきました。
権兵衛峠にトンネルが開通し、実家から40分ほどで行くことができるようになり、こんな近くにこんな素敵な場所があったんだぁと思える落ち着いた宿場町でした。
木曽は島崎藤村生地の町。
国重要伝統的建造物群保存地区に選定されているだけあって、鄙びた街並みは趣きがあり、藤村の世界そのままの雰囲気に落ち着いた時間を過ごすことができました。
c0012888_15435215.jpg

c0012888_15404642.jpg

c0012888_15425588.jpg

c0012888_15432849.jpg

お昼は松本山雅FCのサポーターでもあるご夫婦が営むカフェで。
c0012888_15455065.jpg

駅前には機関車もあり、乗り物好きな春瑠はご満悦でした。
c0012888_15412551.jpg

そして夜は大芝高原の温泉へ行って夏休みの締めくくり。
ミルク風呂に入ったり、露天風呂に入ったり、日ごろの疲れを癒し本当に充実した夏休みだったなぁと思い返したのでした。
[PR]
by yoshimiho422 | 2008-09-03 14:42 | 日記